« 2014年12月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月18日 (金)

超簡単なリモートソフトを紹介します。

簡単にリモート操作出来るフリーソフトを見つけました。

今まではwindowsメッセンジャーを起動して...って結構大変でしたが(初心者相手なので余計です)

参考ブログ

http://blog.ecstudio.jp/ec_studio_blog/teamviewer.html

 

これ見てちょっとわかりにくかったのがIDとパスワードの件

実際に起動してみて判ったのですがIDとパスワードは自動設定されます。

パスワードは起動するたびに変更になります。

リモートする側はインストールが必要ですが、される側は必要ないです。

手順は

1.リモートする側が起動すると

641105_photo0_2 

 左が自分のIDとパスワードです。右にリモートしたい相手のIDを入力します。

この図では既に入力されてますが、これは一度リモート接続したためにそのIDを記憶しているからです。

ここで右下の「パートナに接続」ボタンをクリックするとパスワード入力を求められますので相手から聞いたパスワードを入力すればすぐに相手のデスクトップが表示されてリモート状態になります。

 

2.相手側の操作は

リモートされる側のプログラム「tv.exe」を起動します。(ここではショートカットを作っていますのでそれで起動しました)

843619_photo0_2

*新バージョンになって「TeamViewerQS_ja.exe」にプログラム名が変わってます。 

641106_photo0_2

ここでもIDとパスワードが自動表示されます。

このIDとパスワードを電話などでリモートする側に伝えます。

これでリモートされる側の操作は終わりです。

 

リモートされる側で終了したい時は

ここをクリックして

641107_photo0 

641108_photo0

 この×印をクリックすると接続が一旦切断されたあと最初の起動時の画面が出ます。

そのままにしておくと、相手が又接続処理をすれば接続されます。

起動時の画面でキャンセルボタンクリックするか画面を閉じればもう接続出来ません。

 終了時に広告ぽいのが出ますが無視して(笑)閉じて下さい。

 本家のダウンロードページです。

新バージョンになって、リモート受ける側の分も日本語対応になっています。

http://www.teamviewer.com/ja/download/index.aspx

 

710361_photo0

はインストールが必要なプログラムでリモートする側&リモートされる側の両方使えます。

はリモートされるだけのプログラムで、インストール不要です。デスクトップにおいておけばすぐ使えます。 

記事追加

出先から自宅PCにアクセスしたいなんてことありますよね。

そんなときもこのソフトが活躍します。

リモートする側用のフルバージョンをインストールします。

起動して

*トップの画像とはバージョンが違います。

1 

矢印の所の鉛筆マークをクリックします。

ここでマスターパスワードを設定します。

 これでこのパソコンは起動時に自動でTeamViwerが起動しますので、出先から電話で家族に

「ごめん パソコンのスイッチ入れて」と頼めば...後はご推察の通りです。